atsushi1

ご挨拶

地方の再生・振興なくして、日本の未来なし

かつての私達の社会は、普通に学び・育ち、普通に働き、普通に結婚し、普通に子ども産んで育て、普通に引退できる社会であると信じていました。しかし、今やその「普通に生きる」ことさえ近い将来に困難になるのではないか、という不安が蔓延しつつあります。
理由は明らかです。地方から首都圏への若者の人口流出と首都圏での極端な少子化~日本全体として少子高齢化による人口減少~首都圏での一極集中が起こり、日本の大半を占める地方が冷え寂れていく~結果、私達の社会が未来には成り立たなくなる。
普通に子どもを産んで育てられる、安定した人口を維持できる環境が地方にはあり、その再生・振興こそが日本の明るい未来を築くものであると私は確信しています。最も国民に近い地方議会・行政から声をあげ、日本を動かしていかねばなりません。

金沢あつしが県政において取り組みたい事

著しい人口減少、少子高齢化対策

年々減っていく長野市の人口。長野市の人口は平成22年に約38万9千人をピークに、現在は38万人を下回るまで減少してしまいました。平均すると年に1000人を超える人口の減少が続いています。毎年1000人超え~2校分の小学校がまるごと消えるような驚くほど多くの人口の減少が毎年続いています。さらに厳しいことに将来の推計人口もずっと減り続けています。

今後私達の社会に起きる危機的な状況を防ぎ、明るい未来にするためには、徹底した人口減少、少子高齢化対策を優先してやらねばならないのです。

東京(首都圏)一極集中の解消、人口流出対策

私達が優先して今なすべきことは…徹底した少子高齢化対策 私たちの住む長野という地方で、努力して子育ち・子育て支援をした結果、たとえ出生率が上がって子どもが増え、その子どもたちを育てて大きくしたとしても、その子どもたちが故郷の長野から出て行ってしまっては何にもなりません。

実際、2017年には約12万人もの人が他の地方から東京圏に移動しています。そのほとんどが若者です。1年間で12万人とはすさまじい数です。長野市の人口が約38万人ですから、4年経たずに長野市に一人もいなくなるような激しい人口の移動が起きているのです。

地域経済の活性化と個性・魅力のある都市づくり

私達が住む長野が豊かになるには、地域に雇用があり、地場産業も元気でなければなりません。長野で新たに起業を希望する事業家や、特産品や新製品の開発を目指す地元企業を支援する仕組みは当然必要です。加えて、特に地方である長野の特徴を生かした産業の振興支援をせねばなりません。

金沢あつしの経歴


1962年長野市東和田生まれ


古牧小学校・三陽中学校・長野高校・慶應義塾大学理工学部 卒業
ソロモンブラザーズ証券(ニューヨーク・東京勤務)
JPモルガン証券(東京勤務)
防衛大臣・参議院議員公設秘書
長野市議会議員(1期)


長野白樺ライオンズクラブ所属
社会福祉法人「森と木」 評議員
和光幼稚園 評議員
日本フロアホッケー連盟  幹事


家族構成 妻 子ども2人

金沢あつしの長野県政における考えを詳しく見る